コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

我が愛機IS01への恋文、あるいは彼女の両親への絶縁宣言

貴女――IS01――のOSのアップデートは、絶対に行われないということが、とうとう、正式に発表された。

それを受けて、貴女のことを、ゴミ端末だと、ガラパゴスアンドロイドだと、バカにする人がいる。

僕も、この発表はすごくショックだった。
でもそれは、今の貴女が使い物にならないから、というわけではない。

むしろ、貴女がとても良くできた端末であるからこそ。

大型マルチタッチパネル、フルキーボード、ワンセグ、赤外線。
貴女は、僕が欲しい機能を全て備えている。
文句の言いようがなかった。

そんな貴女で2.xの新機能が、またそれに対応したアプリが使えれば。
2.2 FroyoのJITコンパイラで、今以上にサクサク動作すれば。
そんな日を、夢見ていた。

しかし、その幻想は儚くも崩れ去ってしまった。

でも。
貴女が、僕にとって魅力的な端末であることに変わりはない。
新機能が使えないのは残念だけど、今のところは不満は感じてないし。

次の機種を買うときは、“貴女の両親”が関わっている端末を選ぶことはまずないだろう。
その時は貴女の回線契約を、たぶんドコモの(もしかするとソフトバンクかもしれないけど)端末をMNP価格でお得に手に入れるために、使わせてもらう。
でもきっと次も、貴女に似た端末を選ぶ気がするなあ。

まだ勉強中だけど、Androidアプリを作るときは絶対に、貴女で動作することを、貴女での操作感を確認する。
それは、次の機種を買ってからも。
新バージョンでしか使えない新機能を使うのでない限りは。
あるいは、君が動き続ける限りは、ずっと。

というわけで、これからもよろしく。
貴女をポケットに忍ばせて、いろんなところに連れていきたい。

P.S.
俺きめぇwww


コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です