コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

mzsm.me Posts

水曜日のダウンタウンが圧倒的過ぎてヤバイ

先日12月26日のよる10時から水曜日のダウンタウンの2時間スペシャルが放送され、その中で10月から連続モノとして放送されてきた安田大サーカス クロちゃんの恋愛企画「MONSTER HOUSE」の最終回が放送されました。

これまでも共演者の女性複数に好意を寄せ、それぞれに愛の言葉を囁き、唇を奪ってきたクロちゃん。
最終回では、後から加入した女の子から告白されたのですが、なんと「本当に好きな人が別にいる」として断ります。
そしてプレゼントの指輪も用意して意中の女の子に告白したのですが、「最初は自分のことをまっすぐ見てくれているのかなと思ったけど、他の女の子にも手を出してたことを知ってショックで、クロちゃんと付き合ったら辛い思いをするんだろうなと思った」と言われ玉砕。
いったん落ち込んだ後、「やっと本当の気持ちがわかった」として結局残る最後の女の子にもアタック。
しかもプレゼントの指輪を使いまわすというクズっぷり。
放送を全部見てから判断させてほしい」として返事は保留され、まさに最終回の放送が終わったあと生放送で返事を聞くことになったのですが、案の定というかもちろんというか当然というか返事はNO
そして、「こんなクロちゃんを許せるか、許せないか」という視聴者投票を行い、「許せない」が過半数ならばその割合に応じて12時間〜24時間まで収監され、その模様がとしまえんで公開されることに。
最終的に「許せない」が95%という圧倒的多数で、見事、収監となったのでした…。

その後、深夜のとしまえん付近には大量の人が押し寄せ、交通渋滞の発生や近所への騒音などで苦情が相次いだことから公開は中止されてしまったのですが、それはまた別のお話…。

デジタルテレビの双方向機能を使って視聴者投票をするというのは今ではいろんな番組でやっている演出で、特に珍しいことではありません。
では、何がすごかったかというと、その投票総数が279万7080票という数字を叩き出していたことです。
日本の人口は1億2000万人程度なので、割合にしておよそ2.3%が投票したという計算になります。

…確かに多いとはいえ、これがいかにヤバイ数字なのかいまいちピンと来ないと思います。
そこで、他の番組における同様の例と比べてみましょう。


コメントする

元友人が元嫁のデマ悪口でバズっていた件

「上司が前時代的思考の持ち主だったので会社を辞めた」
「芸能事務所のオーディションに合格してデビューできると思ったのになかなかデビューさせてもらえなかった」
「アニメの監督が(以下略)」
ネット上ではしばしば、こういったトラブルについての話が話題になる。

このような話はたいていどちらか一方だけの言い分によって構成されており、もう一方の当事者の主張については通常知る術がない。
そんな非常にアンフェアなものであるにもかかわらず、Twitterやはてブのコメントなどでは、その一方的な主張を元に、やれこんな非常識な奴はさっさと淘汰されるべきだの、やれ男が悪い、女が悪い、与党が悪い、野党が悪いだのといった評論がなされる。

しかし、実際の出来事を知っている人間が、ネット上に書き込まれた(一方的な)話を見たら…。
ネット上に書き込まれたことが、実際に起きたことに比べて大きく歪曲されていたら…。
そしてそれを元に、事実とは異なる非難のコメントが書き込まれていたら…。

これはそんなお話。

結婚したんだからそんな趣味やめて

さて、あなたは今年の8月頃に少しバズっていた(らしい)、こんな話題をご存知だろうか?

「結婚したんだからそんな趣味やめて」自分の趣味が火種になって離婚した話「結婚前の取り決め大事」「結婚後に豹変されたら…」 – Togetter

現在、このTogetterはある事情によりツイートを見ることができないので、ここに引用させていただく。






3 Comments

【個人的メモ】低価格眼鏡店の比較

これまで使ってきた眼鏡がけっこうボロボロになってきたので買い替えた。

その際、家の近所にある低価格眼鏡店3店舗をハシゴしてきたので、備忘録がてらメモ。
(※価格等の情報は2018年11月時点でのもの)

今回比較した店舗






コメントする

サマータイムで日本中の電波時計がゴミになる(かも)という話

先日、安倍首相が2時間時刻を進めるサマータイムの導入検討を自民党に指示したという報道がありました。

実は、このサマータイムが導入されると、我々の生活に身近なある物をすべて買い換えなければならなくなるかもしれません。

というか既にタイトルでネタバレしているのですが、そのある物とは、電波時計です。
定期的に自動で時刻を合わせてくれるため、手動で時刻を合わせる手間がなく大変便利な時計なのですが、実は、現行の電波時計では現在検討が進められている2時間のサマータイムには対応できないのです。


9 Comments