コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

2016年やってよかったことベスト1 「ヒゲ脱毛」

ssl_certificate /etc/letsencrypt/live/webrtcbook.mzsm.me/fullchain.pem;
ssl_certificate_key /etc/letsencrypt/live/webrtcbook.mzsm.me/privkey.pem;
こんにちは、mzsmです。

今年を振り返る感じの記事を書こうとしたらもう大晦日になってしまったので、今年「やってよかった」と思ったことをひとつだけ紹介します。

僕が2016年にやってよかったと思ったこと、それはヒゲ脱毛です!

ツルツル
ツルツル

実際には去年の11月ごろから始めてたんですが、そのときは1回限りのお試し施術で、ちゃんと契約して料金を支払ったのは今年に入ってからなので、今年ということでいい…ですよね…?

最初の施術からだいたい1年以上経過して、そろそろ人に伝えられる程度にまで自分の中での評価が固まってきたので、簡単な体験記を書いていくことにします。

なぜヒゲ脱毛をしようと思ったか。

一言で言えば「ヒゲいらねぇ!!」と感じたからなわけですが、よくよく思い出してみるといろんな理由がありました。

理由1. ヒゲ剃りが面倒くさい

早起きするのが苦手で、朝ヒゲ剃ってる暇なんてないのです。
そんなわけでヒゲはだいたい夜お風呂入ったときに剃るんだけど、それでもやっぱり毎日は面倒臭くて、2,3日おきにしかやらないかなぁ。

理由2. ヒゲ剃りに時間がかかる

一度剃っただけではちゃんと剃りきれてないところがあって、顔を洗ってからもう一度剃りなおすこともあったので、剃り終わるまでに5分~10分くらいはかかってました。

理由3. ヒゲが生えてるのが似合わない

僕の顔はヒゲが似合う顔じゃない。
あと、同じ生えるにしても口の周りとアゴくらいならまだいいけど、僕の場合は頬からもそこそこ生えてたので、伸びてくると無精ヒゲ感が半端無い…

理由4. 剃ったとしても青ヒゲで見栄えが悪い

いくらヒゲをきれいに深剃りしても、肌の下にはまだ数mmほどヒゲの根元が隠れてるわけで、その隠れているヒゲが肌から透けて黒ずんで見える、いわゆる青ヒゲ状態になります。
対面での見栄えもさることながら、Webカメラなんか自分の顔を映すと、頬のあたりが黒くなってカメラ映りが悪いことが多かったです。

理由5. いつもカミソリ負けして血まみれになるのでさらに見栄えが悪い

肌が弱いからなのか、僕のヒゲ剃りがヘタクソなのか、いつもカミソリ負けして顔が血まみれになってました。
カミソリを滑らせたあと、ちょうどヒゲの毛穴の部分がポツポツと赤い
ヒゲを剃り終えて顔を洗ってると、洗面台に流れる水が赤い
顔を洗って顔を拭くとタオルが赤い。
あまりにも毎回のように血を流していたので、当時付き合ってた彼女にも「今度カミソリ負けして血出したら怒るよ」と言われました…。
まぁその彼女とはもう別れたけど(※別にそれが理由で別れたわけではない)

ちまみれ
ちまみれ

理由6. 彼女に「ヒゲが痛いから頬くっつけんな」と言われた

前述のとおり頬からもヒゲが生えているので、ヒゲが伸びた状態で頬ずりなんかするとチクチクして痛かったらしいです。
そんなわけで、当時付き合ってた彼女に「痛いから頬ずり禁止」と言われました…。
まぁその彼女とは(以下同文

理由7. ヒゲが伸びてると臭い

伸びたヒゲからは独特の臭いがします…。クサい…。
…。

とにかくまぁ、こんな不満が溜まりに溜まったせいで「ヒゲなんかいらねぇ!!こんなもん無くなっちまえ!!」と思い、脱毛するに至ったわけです。

ちくしょう。脱毛だ!

そんなわけで脱毛をすることを心に決めたわけですが、次はどうやって脱毛するかを決める必要がありました。
一口に脱毛と言っても、その方法がいろいろあるんですよね。

ブラジリアンワックスは要は強力な粘着テープでスネ毛をビリっとやるのと同じ。なので、クソ痛い上に肌が荒れ、数ヶ月もすればすぐに次の毛が生えてきてしまいます。

針(ニードル)脱毛は、毛穴に針を刺して電気を流し、毛乳頭を破壊するもの。“永久脱毛”ができる反面、1本1本手作業で処理していくので時間とお金がかかり、その上クソ痛いらしい

レーザー脱毛はレーザー光線、光(フラッシュ)脱毛は強い光を照射し、その熱で毛乳頭を破壊して“永久脱毛”するもの。小学校の理科の時間に、太陽の光を虫眼鏡で集めて黒い紙に当てると紙が燃えるという実験があったと思いますが、まさにあんなイメージです。
この2つの違いは出力すなわち威力です。
レーザー脱毛のほうが出力が何倍も強いため効果も強い、でもそのぶん痛い。一方、光脱毛は出力が弱いので効果も弱い、そのかわりあまり痛くない。
さっきの理科の実験で例えるなら、クソ暑い真夏の雲一つない快晴の真っ昼間に実験するのか、曇りがちな冬の夕方に実験するか、みたいな感じですね。

…と、色んな方法がある中で、僕はレーザー脱毛を選択しました。

光脱毛は痛くないけど効果が弱い。
効果が弱いということはそのぶん多い回数の施術が必要なわけで、都度払いのプランであればそのぶん料金がかかり、一定期間定額のプランであったとしても毛が減ってツルツルになるまでの期間が長くなります。
期間が長くなるだけならまだしも、ちゃんと効果が出ず、毛が全然減らないということになったらそれこそカネをドブに捨てるようなもの。

多少痛かったとしても、効果が確実に出ることを重視しました。

なお、高出力の医療用レーザー機器を使用してレーザー脱毛を行えるのは医療機関である脱毛クリニックだけです。
脱毛エステ・サロンでは医療用レーザー機器は利用できないので、光脱毛しか行えません。

アフターケアのことを考えると医療機関のほうが安心、というのもまた理由です。

どこのクリニックで脱毛しようか

レーザー脱毛をしてくれる脱毛クリニックはいろいろありますが、僕がクリニックを選ぶ上で重視した項目は次の4つでした。

1つ目は立地。何よりも、自宅や職場から通いやすい場所にクリニックがあることです。いくらいいクリニックであっても遠い場所まで行かなきゃならないのはしんどいですからね。

2つ目は料金レーザー脱毛は自由診療で保険適用外なので、どうしても料金は高くなりますし、クリニックによって料金は違います。
クリニックによって「1回ごとに○○円」という都度払い、「○○円で何回」という回数制、「○○円で何年間(あるいはずっと)」という定額制など、それぞれ料金システムも異なります。

3つ目は評判。自分の身体に影響を与える施術なので、いくら料金が安くても腕が悪くては困ります。多くの人が施術を受けていて、評判が確かなところを選びたいです。

最後は使用機材。レーザー脱毛をする機材はいろんなメーカーがいろんな機種を作っており、機種によって痛さや性能が大きく変わるからです。どの機種を配備しているかはクリニックによって異なります。

そんな条件でふるいにかけたところ、2つの候補が選択肢として残りました。

ひとつは、「好きな言葉は情熱です」なんていけ好かないテレビCMでおなじみの湘南美容外科クリニック

もうひとつはゴリラクリニック

うん、名前のインパクトがすごい。
関東圏だとテレビCMもやってるらしいけど、こっちじゃ聞いたことなかったよ…。

animal_gorilla

で。総合的に判断した結果、ゴリラクリニックにお世話になることにしました。
決して名前のインパクトに惹かれたわけではなく…

  • 立地→梅田にクリニックがある
  • 価格→他社と比べても同等以下の価格で、4年間回数無制限で通うことができる
  • 評判→体験談多数
  • 機材→最新の機材が導入されている

…と、ちゃんと条件は満たしていたわけです。

とはいえ、ネット上の体験談はいまいち信用ならないのもまた事実なので(←あれ、ブーメラン?)、まずは1度お試しで施術してもらい、ちゃんと実感してから本契約することにしました。

美容クリニック初体験

僕が初めてゴリラクリニック大阪梅田院に行ったのは2015年11月末。
「ホワイティうめだ」から泉の広場の階段を上がって右、梅田クラブクアトロの数軒隣の雑居ビルの8階にクリニックはあります。

エレベーターで8階まで上がると目の前がすぐ入り口。
受付で予約していた旨を伝えると、待合スペース(というかロビー)でしばらく待たされます。
待合スペースにはお菓子とカップ自販機が置いてあって食べ放題・飲み放題です。

プライバシー保護のためか、待合スペースでは名前ではなく受付で渡された番号札で呼び出されます。
しばらく待って番号を呼ばれるとさっそくレーザー照射…ではなく、初回はまずカウンセリングから。
レーザーでヒゲが抜けるメカニズムや、リスクも含めて説明を聞き、納得した上で契約することになります。

このとき(2015年11月)は効果を確かめるためにとりあえずお試しでアゴ下のみレーザー照射をしてもらい、ちゃんと効果を実感したのでそれから2ヶ月後に改めて4年間無制限コースで契約しました。
以来、約2ヶ月半に1度のペースで通院し、レーザー照射を続けています。

脱毛って高くない?

安くはないです。

僕がお世話になっているゴリラクリニックは、鼻下・アゴ・アゴ下の3部位を4年間回数無制限(※)で通院可能なコースで68,800円(税抜)
だいたい最新のスマホに買い換えられるくらいの値段。

※回数無制限とは言えど、次回の2ヶ月~3ヶ月の通院間隔を空けないといけないので上限はある程度決まってくる

でもその値段にはちょっとした罠があって、診察を受けられるのが平日11時~15時限定で、週末や夕方以降などそれ以外の時間にも受けたい場合は追加料金が+20,000円(税抜)。
わざわざ平日の昼間に会社を休んで行くのもおっくうなので、これはケチらず追加しといたほうがいいです。

それから、鼻下・アゴ・アゴ下の3部位以外に、ほほとモミアゲも脱毛したい場合は+58,600円(税抜)、首も脱毛したい場合は+45,000円(税抜)。
これは完全に人によります。自分のヒゲの生えてる範囲に合わせて決めましょう。

それ以外に、痛みを緩和するために使える麻酔が通常1回(30分)につき3,000円(税抜)かかります。
これが追加料金+34,800円(税抜)で使い放題になるオプションもあるのですが、これは僕は選びませんでした。
実際、このオプションは付けなくていいと思います。
理由については後述します。

そんなこんなで全部合わせると15万円くらいになりました。
PCが1台くらい買えちゃうくらいですね。

決して安くはない。
でもそれ以上に、ヒゲを剃る手間やカミソリ負けのストレスから解放されることは魅力的でした。

実は、最初にお試し体験をした2015年11月時点ではゴリラクリニックでは4年間回数無制限というコースはやっていなくて、5回で何万円という回数制のコースしかなかったんですね。
お試しで照射してもらった数日後に回数無制限コースが発表されて、その2か月後にはその回数無制限コースで契約できたので、ラッキーでした。

脱毛って痛くない?

痛い。

クソ痛い。
全身の毛の中でも特にヒゲは痛いらしい。
毛根が深いところにあるから。

よく使われる例えとして「ゴム鉄砲で撃たれた感じ」というのがあるのですが、より正確に描写するなら「太いゴムバンドのゴム鉄砲でゼロ距離射撃された感じ」です。
あの痛みは細い輪ゴムじゃない、幅がある。

特にアゴや鼻下といった毛の密度が高いところはメチャクチャ痛いです。

だからこそ麻酔が用意されてるわけで。
まぁ麻酔使っても痛くならないわけじゃなくて普通に痛いんだけど、何ていうか酔っ払って痛いのがどうでも良くなる感じです。

あと臭い。
レーザーでヒゲを焼いているので、ヒゲが焦げる臭いがします。
クソ痛い思いをしているときにあの臭いを嗅ぐとさらに嫌な感じになります。

…というのは実は今までの話。
最近はあんまり痛くない方法が登場してるんです。

(比較的)痛くないレーザー脱毛

メディオスター」という最新の脱毛機器があって、「(比較的)」って書いてるとおり全然痛くないわけじゃないんだけど、今までのに比べると全然マシです。

従来のレーザー脱毛は、レーザーをバシュッ!バシュッ!と点で撃ち付けて一気に毛乳頭を焼き殺す方式だったのに対し、
メディオスターは「蓄熱式」といって、肌の上を何往復か滑らせて熱を蓄え、毛乳頭ではなくバルジと呼ばれる毛乳頭に指令を送る部分を破壊する方式。

イメージとしては、メチャクチャ熱い蒸しタオルで顔を拭かれている感じ。
鼻下の特に痛い部分だと、蒸しタオルというよりステンレスたわしって感じですが。

従来のレーザー脱毛は麻酔がないと耐えられませんでしたが、メディオスターでは麻酔なしでも耐えられました。
個人的な感覚では、麻酔有りの状態で従来のレーザー脱毛によりも、麻酔無しのメディオスターのほうが若干マシ程度。
なので、この機材で照射してもらうことを考えれば、前述の麻酔使い放題オプションはいらないと思ってます。

ゴリラクリニックにもメディオスターが導入されていますが、実際にはまだ導入機材数が少なくて、従来のレーザーでの照射になる場合も多いです。
僕は2016年11月に初めてメディオスターで照射してもらい、それまで数回撃たれた従来のレーザーに比べてまだまだ
次回の予約をするときに「メディオスターのほうがいいです」って言ってみたところ「じゃあ次回からはメディオスターで予約お取りしますね」と言われたので、頼めば指定してもらえるみたいです。

使用前・使用後

いくら文章で説明しても効果は伝わらないと思うので、ここで実際に僕のヒゲがどう変化したかという写真をお見せします。

まずこれがレーザー照射をする前、2015年11月の写真。

施術前(2015年11月)

ヒゲを剃った直後くらいに撮ったはずなのですが、中に埋まっている毛が黒く透けていて、毛穴が浮き上がってブツブツ。剃り跡が見ていて痛々しい…。

それがアゴ下だけお試し照射をしてもらって2週間経過後の写真がこちら。

お試し照射後2週間(2015年12月)

3日ほどヒゲ剃りをしてなかったと思いますが、レーザーを照射したアゴ下だけヒゲが生えてきておらず、中に埋まっている毛もなくなっているので肌の色が黒くなくなっているのがわかります。
一部効果が出てない部分もありますが、こういうふうにまだらになるのはよくあることで、そのため何回も繰り返し照射する必要があるわけです。

そして最近撮った最新の状態がこちら。

5回目照射後約1か月(2016年12月)

5回目(お試しで照射を行ったアゴ下は6回目)の照射から約1か月経過後の写真です。
この回から機材をメディオスターに変更したので、従来とは毛の抜け方が違います。

この写真を撮ったときは3日ほどヒゲ剃りをしてませんでした。
照射後しばらく経過しているのでヒゲが生えてきてはいますが、ヒゲの多い鼻下とアゴはまだ若干濃さが残るものの密度は以前より薄くなっています。
それ以外の部分は以前に比べて毛の太さが産毛のように細くなっていて、数日ヒゲを剃らなくても無精ひげっぽく見えにくくなっていますし、ヒゲを剃るのもかみそりを文字通りすべらせるだけで済むのでだいぶ楽になりました!

あと3年でどこまで抜けるか!

契約期間はあと3年残っています。
絶対に4年間ずっと通わないといけないわけではなくて、自分が納得するところまでで終わってもいいのですが、せっかくなのでずっと通い続けて効果を最大限までツルツルを追い求めたいなと思っています。
ほかの場所に比べてまだ効果が薄い鼻下とアゴがいつツルツルになるか楽しみです。




コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です