コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

僕がラジオっ子になったきっかけ。

とも蔵こと川上とも子さんが先日亡くなったということなのですが、発表から1日経った今でも信じられません。
第一報はTwitterのツイートだったので、バオバブからの公式発表が来るまでは信じまいと思っていたのですが…。

とも蔵さんは、ぼくがラジオっ子になったきっかけの一人でした。

今から10年ほど前、ラジオ関西(当時はAM KOBEと呼称していました)で放送していた「四ッ谷式サイバープロジェクト」という番組がありました。

いわゆるアニラジなのですが、アニラジとしては非常に珍しいことに月~金の深夜24時30分~25時に放送していた帯番組で、(ぼくが聞き始めたころは)月曜日はかないみかさん、火曜日は野川さくらさん、水曜日はかかずゆみさん、木曜日は小林由美子さん、そして金曜日が川上とも子さん。さらに金曜深夜25時~25時30分放送のEX(エクストラ)は小林由美子さんと川上とも子さんのコンビがパーソナリティでした。

最初に聞いたときは番組の存在を知らず、たまたまラジオのチューニングをいろいろと回しているときにたまたま面白そうな番組をやっていたのでそこでチューニングを止め、そのまま番組終了まで聞いていました。
それが金曜日、とも蔵さんの担当曜日のことです。

それをきっかけに、主にラジオ関西で放送されているアニラジをいろいろと聞くようになりました。
月~金の四ッ谷式を手始めに、その前後の番組。土曜日は林原めぐみのハートフルステーションから青春ラジメニア金月真美のムーンシャイン小森まなみのポップンパジャマEYEまでぶっ通しで。日曜日は四ッ谷式と同じ会社が制作していてとも蔵さんも出演していたレイジージャンクナイト
当時僕はラジオ関西の送信所のすぐ近くに住んでいたので、驚くほどクリアな音質でラジオ関西のアニラジを堪能していました。

それまでもラジオは好きだったのですが、これほど多く毎日聞くようになったのはこの頃からです。
そんなわけで、とも蔵さんがいなかったら僕はこれほどラジオにはまっていなかったのかもしれません。

そんな思い出をTwitterに書いていたら、当時四ッ谷式のディレクターで、一時期アシスタントとして出演もしたりしていて、レイジージャンクナイトでもとも蔵さんと共演していた斉藤Kさんからリプライが届いて非常に驚きました。

それからKさんと、当時の番組の思い出やとも蔵さんのことについて少しお話させていただきました。
聞くだけリスナー(ってのも変な表現ですが…)だった自分が、10年後にその番組の制作者の方とその番組について語り合えるなんて思ってもいませんでした。
10年経った今でも思い出に残る番組を作ってくれたとも蔵さん、Kさんはじめスタッフの皆さんには感謝しかありません。
番組のこと、とも蔵さんのことは、これからも忘れることなく心の片隅に置いておきたいと思います。

とも蔵さん、ありがとうございました。ごゆっくりお休みください。


コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です